工場

工場

Kuan Meiは台湾台南で設立されました。私たちのチームは、金型、プラスチック射出成形、トップケース、電動スクーター、ヘッドライトなどの組み立てに関する優れた深い知識を持っています。当社の統合された生産チェーンにより、お客様が求めるODM、OEM機能を備えています。各生産ラインの紹介は次のとおりです。

金型工場
金型の設計、開発、サンプリング、修理から大量生産まで、金型から射出までの完全な統合をお客様に提供します。
プラスチック射出成形工場
私たちはODM、OEMの50年以上の経験があります。工場には13台の機械があります。当社の射出成形機の仕様は15オンスから180オンスの範囲です。私たちのサービスの範囲は、幅広い業界をカバーしています。家電製品には、ACや洗濯機のカバーを製作できます。運輸業界向けに、保管用のプラスチックパレットを用意しています。食品業界向けに、プリンボックスを製造することができます。
塗装工場
私たちの工場は主に液体加工プラスチック製品に焦点を当てています。品質の安定性を確保するために、プロセスの運用を標準化しました。さらに、私たちの目標は、機械設備を完全に自動化して、品質を向上させ、コストを削減し、納期を短縮することです。
組み立てライン
私たちはスクーターのヘッドライト、ターンシングル、テールライトを専門としています。プロセスの基準に従い、品質の安定性を確保するためにプロセスの運用を標準化しました。
ブランド
K-MAXトップケース、KOMO電動スクーター。私たちはスクーターユーザーのための追加のスペースと、交通のための別の環境オプションを提供します。

50年のオートバイのトップケースとフェアリングメーカー| クアンメイ

台湾を拠点とし、 Kuan Mei Technology Co., Ltdは、1970年以来、オートバイのトップケース、スクーターヘッドライト、オートバイのフェアリング、スペアパーツの製造を行っています。日本、北米、南アジア、ヨーロッパなど20カ国で販売。

ゴールデンピンデザイン賞を受賞したISO認定、SYMとKYMCOのサプライヤー、および金型製作、プラスチック射出、塗装、組み立てなどを含むオートバイのスペアパーツの生産ライン。

Kuan-Meiは、高度な技術と50年の経験の両方を備えた高品質のオートバイのトップケースとフェアリングをお客様に提供してきました。Kuan-Meiは、各お客様の要求に確実に応えます。

プレスリリース